相場師朗の7step株式投資メソッド評判レビュー

相場師朗の7step株式投資メソッドについて検証をしているブログがたくさんある中で、私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!

このブログでは、ジャンルを問わず、投資商材をこれまでに200万円以上、数十本以上実際に購入してきた経験をもとに、相場師朗の7step株式投資メソッドを詳しくレビューしています。


fxsyouzai.png


また記事の最後の方では他のブログでは入手できない独自特典も用意しているので、ぜひ申込み前の最終チェックをしていただければと思っています。



■相場師朗の7step株式投資メソッドがオススメの人


株の勉強をいくら続けても勝てるようにならない

注文を入れた途端、値動きが逆行し始める

貴重な資産がどんどん減っていく一方

お金のことを考えるとため息しか出てこない


■相場師朗の7step株式投資メソッド


相場師朗の7step株式投資メソッドは日足なので売買判断が落ち着いて出来たり、分割売買でチャンスを逃さないなど、様々な特徴があります。
そんな中で、注目してもらい点をこのブログは2つに絞って紹介をしていきますね。



・相場の原理原則に基づいた売買ルール

・勝てる相場で売買ができる




相場師朗の7step株式投資メソッドは、一見すると、ちょっと奇抜な売買手法に見えるかもしれません。相場の上下運動で上手く売買していく「うねり取り」は、なんだか神秘的な印象を持つかもしれませんが、決してそんなわけではありません。

相場の原理原則に基づいた売買をしているからこそ、相場の上げ下げで上手に利益を得ることができているんです。結果的に「うねり取り」をしているように見えるだけなんです。



では、相場の原理原則は何なのかというと、突き詰めて言うと「人間心理」特に、恐怖心理にぶち当たるのですが、それをもう少し具体化させたのがダウ理論です。

「トレンドが発生したらトレンドは続く可能性が高い」とか「長期のトレンドは中期や短期のトレンドに影響する」といった相場の原理原則をまとめたのがダウ理論です。



相場で長く勝ち続けようと思ったら、やはり、相場の原理原則であるダウ理論に従うべきです。勝っているトレーダーの中には、ダウ理論について深くは知らなくても、ダウ理論に沿った売買をしていたりするものです。

ダウ理論の中でも特に重要なのが、押し目や戻りといった相場の節目です。直近の相場がトレンド相場なのか?レンジ相場なのか?を見極めるうえで、重要なポイントになります。



仮に押し目や戻りで値動きが支えきれず、突破されたときには、トレンドが逆方向に動き出すかもしくは新たなレンジ相場を形成する可能性が高くなります。


相場師朗の7step株式投資メソッドではもちろん、相場の原理原則に基づいて、重要な節目に注目をしていきます。節目に対して値動きがどう反応するか?で相場判断を切り替えていきます。

ダウ理論に基づいて相場判断をしていけば、少なくともトレンドを大きく見誤ることはありません。損失を必要以上に大きくする心配もないし、損切を繰り返す羽目になることもなくなります。




相場師朗の7step株式投資メソッドの2つ目のポイントは「勝てる相場で売買ができる」こと。相場で勝つための大前提を抑えることができるからです。

どれだけ良いチャート(値動き)になっていたとしても、そもそも、勝てる相場じゃなければ、負けるリスクが高くなります。



では、勝てる相場とは何なのかというと、株式投資の場合では「銘柄選び」になります。つまり、相場師朗の7step株式投資メソッドは勝てる銘柄を選べるようになるからこそ、利益を着実に増やしていくことができるんです。

逆に言うと、株式投資でなかなか勝てない人たちというのは、銘柄選びの時点でつまづいていることが多いんです。ある意味、マラソンのスタートライン手前ですでに転倒しているようなものです。


勝てる銘柄を選ぶためには、本来であれば、財務諸表を読み解いたり、ファンダメンタルズの情報に気を配らなければいけないものの、相場師朗の7step株式投資メソッドでは、簡単な確認手順で銘柄選びを済ませられます。


相場の原理原則に基づいたダウ理論に沿って売買できるだけじゃなくて、銘柄選びもしっかりできるからこそ、相場師朗の7step株式投資メソッドはうねり取りという高度な売買を、初心者でも手軽に実践できるようになっているわけです。





最後に、他のブログでは入手できない当ブログだけのオリジナル特典について紹介していきますね。







このブログ以外では入手不可能な独自特典付きで株ドカンを14日間無料で試してみるにはこちら